独身アラフォー干物OL。借金323万円。

現実にきちんと向き合い、借金ゼロになるまでの日々を綴ります。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告




敷金。 :: 2013/10/29(Tue)
先日書いた、返金されない敷金の話。

昨日の朝、戻ってきました!
きれいに全額、20万円。
無事に振り込まれました。

戻ってくるはずのお金だったとはいえ、やっぱり嬉しいです。
このお金はちゃんと全部、返済に充てたいと思います。

わーいわーい。

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ


テーマ:借金返済日記 - ジャンル:ファイナンス

  1. 日々の暮らし
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




あなたの家賃は適正ですか? :: 2013/10/27(Sun)
引っ越しに伴うお話から派生する、家賃のお話です。


借金を作る人っておそらく、「お金にだらしない」「お金に無頓着」な人が多いのかな、と思います。
わたしの場合は、そうです。

お金もってる時はぱーっと使っちゃったりするし(高いものじゃなく、たとえば100均のお店でいっぱい買い物するとか)。
ごはん食べに行っても、後輩とだと奢っちゃったり、割り勘にしても端数は「いいよいいよ」って多めに出しちゃったり。
返済を意識するようになってからは流石に抑えてはいますが、いまでもたまにやっちゃいます。

そんななので、「支出」についても本当に無頓着で。
返済を意識して、このブログを書くようになって、ようやくインターネットや携帯電話、それに生命保険なんかについて、内容や金額を見直すようになってきました。

そうしていく中でも、全く意識から漏れてたものがありました。
そう、家賃です。

「家賃を滞納して追い出される」なんて話はよく聞きはしますが、わたしはこれまで、カードの返済は滞ったとしても、家賃だけは!遅れずにきっちり、払いつづけていました。
仕事と住むところだけは絶対に無くせない!と、それだけは強く強く思い続けているので。

面倒くさがりでもあるので、「もっと家賃の安いところに転居」みたいなことも考えませんでした。
今回は別に思うところがあって引っ越したのですが、それも家賃云々、っていう理由ではありませんでした。


さて、本題です。
自分の住んでいる家の適正な家賃って、ご存知ですか?

あ、この話、転居して数年しか経過してないとか、賃貸じゃなく持家だとか、そういった方には当てはまらないお話です…。(いまさら)
賃貸で結構長く住み続けてる方、限定のお話です。

わたしは今回の転居で部屋探しをする際、まずはインターネットを利用しました。今は大抵、そうなんでしょうね。
ネットで「これいいんじゃないか」って物件を探し、何軒かメールで問い合わせをし、そのうえで不動産屋さんに伺って、部屋を決めました。

で、その最初の段階…インターネットでの検索をしていく中、偶然、その当時自分が住んでいた建物の情報に辿りついたんです。
その募集要項の家賃見て、びっくりしました。

なんと、
なんとですよ。

当時払ってた家賃より、1万7千円も安くなっていたんです。

1万7千円。
1万7千円。
もっぺん言うけど1万7千円。

年間にすれば、20万4千円。


本当にショックでした。
その建物では、わたしが一番の古株でした。なんせ17年近く住んでたので。
その期間、家賃は増えることも減ることもなく、ずーっと変更ないまま、毎月同じ金額を払い続けていました。

家賃の下落がいつから始まっていたのかは、わかりません。
でも急に、一気に、ここまで変動するとは思えないので…おそらく何年も前から、徐々に、下がりつづけていたのでしょう。
そしてもともとの住人の私はなんにも知らないまま、隣近所の方々よりも多い家賃を払い続けてきたのです。

結構、ぞっとしましたよ。

もちろん貸主側には、借主に「まわりの部屋の家賃が下がっている」なんて事は伝える義務はないのです。
逆に物価が上がったりして家賃をあげて募集をかけた際に、もともと住んでる人にまで「家賃あがりますからね」とか言われたら困りますよね。それと同じことです。

だから、誰を責めることもできないのです。
責めるとしたら、疑いも調べもせずにここまで来てしまった、自分です。

でも、手はあります。
わたしの場合は転居が前提だったのでしませんでしたが…今からでも、「家賃を下げてもらえませんか」って、交渉すればいいのです。

もちろん、抵抗はされるでしょう。
1万7千円が一気に下がることも、まずないでしょう。
でも「次の更新時に」とかいう感じか、もしくは段階的にになるか、そこはオーナーの意向次第になるとは思いますが…少なくとも「全く下がらない」っていうことはない、はずです。(そこらへん、ちょっとネットで調べてみました。)

交渉の際、「下がらないなら出ていきます」的なことは、あんまり言わないほうがいいみたいです。向こうが強気な場合もあるんで。
でも大抵のオーナーさんは家賃に差が生じていることを内心では心苦しく思っている場合が多いので、いくらかの減額には応じてくれることが多いようです。


これ読んで、「もしや自分も…!!」って思われた方、いませんか?
もし今の部屋に長く住んでる方がいらっしゃったら、是非いますぐ、お住まいの建物の名前などで検索してみてください。
結果によってはもしかすると、完済への近道になるかもしれないです。


もうひとつついでに書きますと、もし減額に応じてもらえなかった場合は、いっそ転居してしまう、って手もあります。
家賃相場は、確実に下がってます。
今の部屋と同じ条件、もしかしたらもっといい条件の部屋が、今よりも安い値段で借りられる、なんて場合が多いです。
もちろん引っ越しすればそれに伴う出費は掛かりますが、長い目でみれば、家賃の差額でおつりが出るかもしれません。
一度検討してみるのも、いいかもしれないです。


ちなみにわたしの場合、新居と旧居の家賃が同じなので(前よりも条件のいい部屋なのです)、完済への近道にはなっておりません…。
(ちょっと残念なオチですみません。)

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ


テーマ:借金返済日記 - ジャンル:ファイナンス

  1. 支出の見直し
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




転居にまつわる諸々のお話。 :: 2013/10/26(Sat)
ひさかたぶりです。
相変わらず、もそもそと生きております。
返済も、地味にとどこおりなく続けています。

借金持ちのくせに引っ越ししました、って話は、前回ちょっと書きました。
今日はそれにまつわる話を、ちょこっと。


引越。
とってもお金が掛かるイメージだと思います。
実際、やっぱり掛かりました。

まずは契約時に掛かるお金。
敷金、礼金、前家賃なんかは普通ですが、それに仲介手数料とか、火災保険、鍵交換代、あと今は保障(サポート?)会社の加入が必須になってたりするところもあります。おそらく、その加入で不動産仲介業者にインセンティブがあるんでしょうね。

それから引越代。
不用品の処分代。今は物を捨てるにもお金が掛かるので大変です。
あと、新調する家具やカーテン代。
新たに契約するインターネットなどに関わるお金。

だいぶ抑えたつもりだけど、やっぱりどうしても、だいぶ掛かっちゃいました。


契約時のお金については、前の住まいの解約が「解約の連絡をした日の翌々月末での解約」っていうことでだいぶ先になってしまい、転居予定の部屋は既に空き家だった為に「これは二重家賃が発生してしまうなあ」って思っていたんですが…不動産屋さんがオーナーさんに交渉してくれて入居日を先に延ばしてくれたおかげで、二重家賃は10日分程の日割家賃の発生のみで済んで、だいぶ助かりました。
あと、礼金のみで敷金のない物件だったので、その点でも初期費用は抑えられました。(もっともその分退去時の負担は大きくなる予感がしますが…)

引越代も、だいぶ抑えられたんじゃないかと個人的には思ってます。
引越業者、ちゃんと比較して選んだほうがいいですね!これ大事ですね!
いろんな比較サイトがありますが、価格.comなんかだとメジャーな会社ばかりの比較になってしまったので、わたしの場合は「ズバット引越比較」とかいうサイトを利用しました。
メジャーなとこから聞いたこともないような業者まで、とにかくいろんなとこからメールや電話が来て物凄く焦ってしまったのですが(某大手のサ○イさんなんかは、夜中に比較サイトに登録したら5分後くらいに電話が!掛かってきました。夜中1時過ぎですよ!!急いでる人なら助かるかもしれませんが、ちょっと常識なさすぎて対象から除外しました…)、条件を見て何社かメールしたり実際の見積もりをお願いしたりして、結局全然聞いたこともなかったマイナーな地元業者さんにお願いしました。

わたしは、荷物が物凄く多いんです。
だいぶ処分したつもりなんですが、それでも物凄く!多いです。
だから見積時に通常の2トントラックには乗らないって言われまして、「2トンロング」っていうのでお願いしまして。(2トンがダメなら4トントラックに、っていう業者もいて、それだと値段がぐっとあがります)
条件としては

・1K、荷物多め(2トンロング)
・作業員2名
・梱包、荷ほどきは自分で
・ダンボール50箱、ガムテープ2個(無料)
・布団袋、ハンバーBOX(衣裳用)無料レンタル
・ダンボール引き取り無料
・同一区内
・日曜の朝いちばん(平日とか時間指定なしならもっと安くなるんですが)

みたいな感じでした。
こういう内容で、3万円きっかりにしていただけました。

実際にはダンボールは全然足りず、最終的に単身にもかかわらず75箱(!!!)にもなってしまったのですが…追加のダンボールはリサイクル品(前にほかの人が使用して引き取ったもののうち、状態のよいもの)を無償でいただけて、ガムテープもただでいただけたので、追加費用は掛かりませんでした。

若い作業員さん達でしたが、経験豊かで無駄口もたたかずテキパキと、いい仕事をしていただけました。
お礼にと千円づつお渡ししましたが、惜しくなかった(笑)。

荷物が多かったので荷ほどきは大変でしたけどね…
(っていうか、転居後はともかく、転居前の狭い部屋で箱に詰めた荷物を置いておく場所がなかったのが一番困ったことでした。)(最後はベッドの上にまで並べてました)

不用品処分は…棚とかポールハンガーとかテレビ台とかちょこちょこ捨てたんですが、市に連絡して自分で捨てたので2,600円で済みました。(業者さん使うと多分もっと高いですよね)

あとやっぱり、家具とかは買いましたねー。
大抵のものは以前のものをそのまま持ってったんですが、テレビ台だけは買い替えたくて…でももう間に合わせを買うのは嫌で、大阪・堀江のオレンジストリートまで家具見に行って、割とちゃんとしたのを買いました。
あとは買い足しでCDラックとか食器棚とかシェルフ的なものを通販で買ったりして、全部で10万円くらい掛かりました。

ほんとはカーテンを買い替えないといけないんですが…色とかを決めかねたまま、サイズのあわない前のやつ(丈が長すぎで、しかも幅が足りない)を無理矢理そのまま使ってます。(17年モノ)
これはできれば年内に買い替えたいなあ…と思案中です。

あと、インターネットやテレビの関係。

インターネットは引越業者からの紹介の業者さんが調べてくれて「フレッツ光にするのが一番安い」というのでてっとり早くそっちには申し込みしてたんですが…
実は転居先にはBS/CSアンテナが無く、地デジで見れる民放とNHK以外を見るためにはケーブルテレビに加入するしかないということが、転居してからわかったのです。(賃貸の情報にはアンテナありって載ってたのに…)
なのでWOWOWとスカパーが見たいわたしはケーブルテレビに加入するしかなく、それでもインターネットや電話と一緒に加入すればセット割引が適用されるのに、もうフレッツ光を2年契約で申し込んだあとだったので、ケーブルテレビは割高な単品で申し込むしかなくて。結局ここではだいぶ損した感じになっています。
2年経ったらフレッツ光を解約してケーブルテレビにセットで申し込むつもりでいますが、それまで割高でガマンです…。
建物の状況はよくよく確認しないといけませんね…。



さて、そんなこんなでたくさんの出費があったわけですが
でも、戻ってくるお金もあります。
そう、「敷金」というやつです!

前の部屋は、敷金40万、敷引20万、という契約で入居してました。
つまり、こちらに過失がなければ敷引分を除く20万円が戻ってくることになります。

(当時はこんなのが普通だったんですよね…いまこんな敷金にしたら借り手つかないですよね、たぶん。)

17年近く住んでいましたので、もちろんそれなりの劣化はあります。
でも国土交通省でガイドラインが出来たおかげで、たとえば「壁紙は6年で原価償却される」とか、そういうふうになってきているみたいです。

わたしは前の部屋のほとんどの時間を、「汚部屋」として使用してきてしまいました。お恥ずかしいことに。
でも、激しく散らかってはいたものの、ウエットな感じの汚れ…なにかを腐らせたりとか…はなかったし、煙草も吸わなかったので、酷い汚れや痛みはありませんでした。
もちろんこれまでお世話になりました、の気持ちを込めて、掃除はして退去しましたし。

わたしにとっては初めての解約立ち会いはさすがに緊張しましたが、…来て下さった業者さんは「16年以上住んでたとは思えないです!」「びっくりしました!」って言ってくださいました。そう、予想よりもだいぶ綺麗だったらしいです。業者さん、これまでに酷い部屋もたくさん見てきているので、すっごい覚悟して来られたんだそうです(笑)。
さんざん「いやーびっくりしました!!」ってほんとに何度も言ってくださって、「いや実はほぼ汚部屋だったんですよ…」と内心申し訳なく思ったんですが(いや、最後の半月ほどはもう汚部屋は解消できてましたが)、でも借り物だからと汚れたり傷ついたりしないようには気をつけてたつもりだったんで、褒めていただけてうれしかったです。
結果、「こちらの過失はなし」ってことで、敷引分除いた全額が戻ってくることになりました。

…なりました。

…なったんですが。


そう、今日このブログを書いたのは、実はこの話がメインなのです…。
実は実は、引越から5か月経つ今になっても、敷金がもどってきていないんです…!!!

わたし、実家でて一人暮らしを始めた時が前の引っ越しだったので。
解約って、今回の引っ越しが初めてだったんです。
なので、敷金っていつごろ戻ってくるものなのかわからなくて…さすがに時間掛かりすぎてるんじゃないの?って思いながらも、「お金の催促するのってやらしいかなあ…」とか、つい思ってしまいまして。借金もちのくせに。

これが自転車操業していたブログ開始当初の話だったらきっともっとせっついたんでしょうが、今は借金はあるものの切羽詰ってるわけじゃないので…ついつい、放置してしまっていました。ダメですねえ。

意を決して(?)今日、前の住まいの管理会社に連絡しまして。
そしたらオーナーさんに連絡とっていただけまして、来週振り込んでいただけることにアッサリ、なりました。
管理会社としては、とっくにオーナーさんが返金してるものだと思っていたようです。

清算書的なものを全くいただいてないのでさすがに不安になって、「もし振り込まれた金額が思ってるのと違ってたらどうしたらいいでしょうか?」って聞いてみたんですが、立ち会いの時に言われた通りわたしのほうの過失はなしってことなので、やはり敷引分除く全額が振り込まれるってことだそうです。
よかったー。

やっぱり、お金のことは放置しちゃいけませんね。

まあでもこれで、ほんとに全額返ってくればめでたし、なんですけどね。
もしか何やらたくさん引かれたりしてたら、ちょっと戦ったりしないといけないのかもしれません。

ちょっと、ドキドキです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ


テーマ:借金返済日記 - ジャンル:ファイナンス

  1. 日々の暮らし
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




もそもそと生きてます。 :: 2013/07/18(Thu)
ご無沙汰しております。
とってもとっても、ご無沙汰しております。

ブログ更新が途絶えてる間にもコメントや拍手をくださった方、ほんとにありがとうございます。
タイトルのとおり、もそもそと生きてます。


借金も、返してます。一応。
更新の途絶えた借金ブロガーにありがちな「借金増えちゃいました」っていうのではなくて(以前それやっちゃいましたが)、一応なんとか、地味に減ってはいます。


実は更新してないあいだに…借金もちのくせに、引っ越しをしました。

引越しに伴う出費は、勿論ありました。
そこは、貯えの投入でまかなったわけなんですが。

それで、前の住まいの退去によって戻ってくる敷金がある予定で
それが戻ってきてからいろいろ、引越しで使ったお金のことなども含めて書こうかなと思っていたのですが、何故かいつまで経っても戻ってきません…。
そろそろ催促などしたほうがいいのだろうか、と、今思案中です。


また改めて、借金の現状など書かせていただこうと思っています。
ちょっと先になるかもわかりませんけども。


借金はこれからもまじめにこつこつ返してゆきます。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ


テーマ:借金返済日記 - ジャンル:ファイナンス

  1. 現状
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




「年収証明書類お届けのお願い」 :: 2013/02/16(Sat)
カード会社より、「年収証明」を提出する旨の郵便が届きました。今日。

これ、もう何度目になるでしょう。
総量規制が始まった時からだから、4度目?とかかな?
最初は借入総額が規制である「年収の3分の1」を軽く超えていたため、ヤバイ!とひやひやしながら源泉徴収票のコピーを郵送したものでした。
幸い、限度額を減らされたり一括返済を求められたりすることもなく、今に至っておりますが。

でも残高が50万円台になった今でも、きっちり証明を求めてはくるのですよね。
きっちりした会社なんだなあ、という安心?もあると同時に、面倒ではあります。出さなくてもいい状態(全額返済して、解約)に、早くなりたいなあ。


逆に、総量規制開始当時に書類を送らず、そのままキャッシングができなくなった会社もあります。
セゾンカードが、そうです。

このブログをはじめて割とすぐくらいの時期にこちらのキャッシング分は全額一括返済をおこなって、今は借り入れはありません。解約はまだしていないのですが。(会費は無料なので、なんとなく。)

で、それ以降は年収証明を求められることもなく、今に至っていたわけですが…
それがどうしたことか先日、郵便とメールで、「キャッシングが可能になりました」という連絡がありました。限度額30万円だったかな。(以前もそうでした。)

おそらく、信用情報を確認して、残債が少なくなってることでヨシとしたのだと思うのですが。(銀行カードローンは規制対象外なので、今の対象額はVISAカードの分の56万円だと思われます。)
年収証明も出してないのに、いいのかな?
なんだかこっちが心配してしまいます。
まあ年利18%と高めだし、借りることはないんですけど。

やっぱし、解約してしまうことにしよう。せっかく「貸せます」と言ってくれた(笑)途端で、ちょっと申し訳ない気もするけれど。
あ、でもその前に一度使って、「A」の記録をきれいにしておかなくては…(※信用情報のエントリにいただいたコメント参照)

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ


テーマ:借金返済日記 - ジャンル:ファイナンス

  1. 現状
  2. | trackback:1
  3. | comment:3



前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。