独身アラフォー干物OL。借金323万円。

現実にきちんと向き合い、借金ゼロになるまでの日々を綴ります。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告




納得することが大事。かも。 :: 2011/10/16(Sun)
週末で家にいたところ、チャイムが鳴りました。
インタフォン越しに対応すると、天下の(?)NTTさんとのことでした。
回線の割引の説明に来たが、各家庭によって契約内容が異なるので、口頭で説明したいとのこと。

めんどくさいなあと思いつつ…だって基本、引きこもりなんで。干物なんで。休日は人に会わないモードで過ごしてるもんで。(言い訳長い)
まあ、とにかく出ました。正直、借金もちに「割引」の言葉は魅力だし。

出てみると、NTTの上っ張りを着たお兄さんが2名。

まず新入りらしいひとりが「現在電話はNTTの回線を使用してるか、インターネットを使っているか、プロバイダはどこか」などの確認をし…
頃合をみて?最初うしろにいた先輩らしいほうのひとりがずいっと出てきて、あとはこの方がひとりで対応してたんですが…

「現在のプロバイダに払っている料金は」と確認され、先日プランを見直したばかりのわたしは「3千円ちょいですかね」とお答えしたんですが、すると「○○さん(プロバイダ名)では料金は最低で4,037円のはずなんです」と言われ。で、そう言われるとわたしも弱くって、「そう…ですか?じゃあそうなのかも…」ということになり。それ以降、今わたしが払っている電話代・プロバイダ料金は、

電話:約2千円 プロバイダ:約4千円 計:約6千円

というのが前提で、話が進められていきます。
とにかく先方は、最初インタホン越しに話したように、「料金がお安くなります」というところから話をしてこられます。
そして、電話番号やメールアドレスは現状のまま、モデムの取替えの工事(約1時間)のみでお値段を下げさせていただきます、とのこと。
料金は、電話・プロバイダ込みで、5,628円になる、とのことでした。

ここで、「モデムの交換?」と、ちょっと引っかかります。
なんといってもわたし、つい2ヶ月ほど前にプランを見直して、モデムも取り替えた(レンタル)ばかりなんです。
それも交換しちゃうのかしら?プロバイダから借りてるものを、NTTが交換していいのかしら??

そういう疑問はありましたが、まあ数百円であってもお安くなるなら、今のわたしには非常に助かります。
差し出されるままに申込書に名前や住所を記入いたしました。
あ、書く前に既に工事の日程なんかも決められました。

で、書きながら書類を見ると…「フレッツ光」って書いてあります。
ん?わたし今ADSLなんだけどな?「光になる」とかっていう説明なんかあったっけな?

疑問に思いつつ、記入した書類をお返ししますと。

最初に聞いた質問を再度繰り返されたのち、おもむろに「それで申し訳ないんですが、こちらの契約、最初だけ初期費用が8,715円掛かります。」と、書類にその金額を書き込んでいきます。


えっ…。
それ、書類記入したあとに言うことか?


ここで、なんか嫌な感じがぐわーっとしてきます。
だって、安くなるって言いながら、8千円もの初期費用って。
今返済が落ち着いてるからいいようなもんの、ほんの数ヶ月前のわたしだったら払えなかったですよ、こんなの。(ていうか、「あとからリボ」にして支払いを先延ばしにしていたずらに利息を増やしていたはず。)

もっとも、続く説明を伺うと、あとからモトは取れるようになってることがわかります。
最初の2ヶ月は4,683円、そのあと10ヶ月は5,043円。13ヶ月後から最初の説明の5,628円になるとのことでしたので、良心的ではあるのでしょう。

初期費用の説明があとまわしになったことに大きな不満は残ったものの、まあモトもとれて安くなるのなら…と、とにかく話の続き(他にオプションでつけられるサービスとか)を聞きました。

この方、ものすごく話が長いんです。
すごく丁寧な言葉遣いで同じ事を何度も説明され、しかも何か説明するたびに「これだけは覚えておいてください」って言うんです。それが何度も何度も。いやもう、「これだけ」がいくつあるねん、っていう。

たぶん、玄関先で30分以上は話されたと思います。
来たときから日が暮れかけてはいたけど、やっと話が終わって帰ってくれて、部屋に戻ったら真っ暗になってましたもん…。


って、わたしの話もその方のお話並みに長くなりましたね…。


あとから落ち着いて申込書を確認してみると…やはりそれは、「フレッツ光」への申込書になっていました。
電話番号については、「番号ポータビリティ」で今の番号を引きつぐことになっていました。

うーん…光っていう説明はほんとになかったなあ…。
今のADSLより光のほうが早いのは明らかですが、でもわたしは速さは別に求めていません。(なんたって最近まで8Mプランだったんですから)

それでも、安くなるんならまあいいかあ、と思ったんですが…

いやまてよ、と。
やっぱり最初に訂正されたプロバイダの基本料金、もっと安いはずだなあ、と思い直し。

それでプロバイダのHPで契約内容を確認したところ、やっぱりわたしの月額料金、3,162円でした。(税込み)
NTTとあわせても月額5,332円なんです。
この契約結んだら、速度は速くなるけど月額料金が高くなっちゃいます。しかも初期費用も取られます。

あかんがな。

それで、いただいた名刺の代表番号に連絡しました。
ちなみにそこは、NTT西日本の営業受託会社とのことでした。

「説明を受けて申込書を書いたけど、料金が上がってしまうのでキャンセルしたい」旨を電話に出られた愛想のない(笑)お姉さんに伝えますと、折り返しうちに来られた営業さんから電話をするとのことでした。

かくして、掛かってきました。

さっきの方に、やはり現在の料金のほうが安いということ、2ヶ月前に初期費用3千円を払ってプランを変更したばかりでまた初期費用を払うことに抵抗があるということなどを伝え、光に変更になるという旨の説明が足りなかったのでそこを確認し…

先方はまだいろいろ粘っていましたが、「セキュリティパックを無料でつけてるので、個人で契約しているセキュリティの料金も払わなくてよくなりますよ」と言われたので「プロバイダのセキュリティパックも込みで、今の料金です。それでも光にするよりも安いですよね」と言うと、やっとわかってくださいました。

記入した申込書はシュレッダーに掛けていただけるそうです。ホッ。


ほんとは、長い目で見るなら、光にしておいてもよかったかなとは思うんです。
実際、そんなにも高くなるわけではないし。

でもなあ…
今回の説明の入り口がまず「料金が下がる」前提であったこと(実際には上がる)や、初期費用の説明が申込書の記入後にされていることなど…なんかこう、自分の中で「気持ちよく申し込めない」感情がありまして。


大事なお金のことっていうのも勿論ですが、やっぱり…
「納得したい」って思ったんですよね。
申し込むなら納得して、気持ちよく申し込みたい。

だから、結果としてはこれでよかったと思います。

今まで、納得しないまま、理解しないまま、契約してきたものがいくつかあります。
生命保険とか、まさにそう。
理由は「考えるのが面倒くさいから」。

でも借金と向き合うようになって、そこはすごく反省したことなので。
ほんの月々数百円のことでも、ちゃんと考えたいと思います。これからも。


はあ。日曜日の最後にちょっと疲れちゃった…(笑)。
でも、モヤモヤしたままで終わらなくて良かった、ってことにしよう。

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
スポンサーサイト


テーマ:借金返済日記 - ジャンル:ファイナンス

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0



<<月次報告(2011年10月末) | top | オークションのその後。>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://puni42.blog81.fc2.com/tb.php/52-26fca2c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。