独身アラフォー干物OL。借金323万円。

現実にきちんと向き合い、借金ゼロになるまでの日々を綴ります。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告




信用情報の開示をしてきました。(JICC、KSC) :: 2011/07/17(Sun)
またまた、しばしのご無沙汰になってしまいました。

ご無沙汰のあいだにちょっと体調を崩したりしまして
その甘えというか何というか、しばらくお弁当をサボってしまい、お昼代が掛かってしまったりして。(ゲンキンにも食欲はあったのです…)
気付くと今月締め(24日)まで1週間あるというのに、食費予算が底をついてしまいました。
がーん。ダメですね。早速こんなことになっていては…。
気と財布の紐を引き締めて過ごします。


さて、先週書きました、「信用情報開示」のお話。
前回は「CIC」での開示について書きましたので、本日はその続き、「JICC」と「KSC」です。

といっても、前回も書いたようにわたしの借入れ状況ではCICだけで間に合った感がありましたので、とくにこの先目新しいものは出てこないんですが…まあ、参考までに。


まずは、JICC。
CICもそうでしたが、大阪のその事務所は凄く立派な、綺麗なビルにありました。

入り口に警備員さんがひとり、カウンターの中に係の方が2人、というのも、CICと同じ。
カウンターの後ろが一面壁で、その壁に四角い穴…というのも同じ。
開示の手順や手数料も、全く同じでした。
来訪者の人数とか来訪頻度も、ほぼ同じでした。


渡された書類は、全部で4枚。
CICが9枚もあったので、若干拍子抜けです。

まずは見出し。
開示書(ファイルD)1枚。
開示書(ファイルM)1枚。
照会記録。

説明書によると、「ファイルD」は「貸金債権を主な情報とし、貸金業法に対応した情報」とのこと。
対して「ファイルM」のほうは、「貸金債権以外を主な情報とし、割賦販売法に対応した情報」とのことです。
なるほどなるほど。

というわけで、「ファイルD」のほうには2件の情報です。

ファイルD・一件目は、セゾンカードのキャッシング分。
契約年月日は、CICの情報と同じです。

CICと違うのは、借入れ限度額とか入金状況の記載がないところですね。
貸付/利用金額とか出勤額、それと、 [残高] 192,407円 との記載がありました。

ファイルD・二件目は、VISAカードのキャッシング分。
こちらも利用限度額とかは無く、[残高]1,060,000円 との記載です。


続いて、ファイルM。

こちらの一件目はVISAのショッピング分。
同じカードであっても、キャッシングとショッピングで別物になっています。

こちらには限度額の記載がありました。
そして[トータル残高]として、91.6万円との記載です。
金額もCICと同じでした。

二件目は楽天KC。
こっちには限度額記載はなく、[トータル残高]が7.9万円。
も、もう返しましたけどね!!

三件目がセゾンです。
こちらは限度額記載あり。
でもこのカードではショッピングはしてないので、残高はゼロです。

で、このファイルM。
明細ごとに「債権区分情報」というのがありまして。

VISAが「未完 割賦債権 調査要」
楽天KCが「未完 割賦債権 調査不要」
セゾンが「成約・残0・完済 割賦債権 調査要」

となっています。
「未完」は契約残高がある場合に書かれるようです。

気になるのは「調査要」と「調査不要」の違い。楽天以外は「調査要」になっています。
これは、「割賦販売法における年間支払可能見込額の必要な包括クレジット(クレジットカード等)及び個別クレジット情報」とのことです。
どちらもキャッシング枠があるカードなので、「総量規制」絡みなのかな。(←無知)


最後に、照会記録。CICの利用記録にあたるものです。
やはりこれ、緊張します。

CICでは楽天とVISAからの照会がありましたが、JICCではVISAのみでした。
照会年月日はCICと同じ、3月と4月、そして6月。
きっちり見張られておりますね。

きちんきちんと借りずに返していけば、この照会の回数も減ってくるんでしょうか。
そうだといいなあとほんとに思います。



さて、続いて、KSC。

こちらを訪れたのはCIC、JICCに行った後で、「同じ感じだろうな」という心積もりで行きましたので…正直、勝手が違いすぎて面食らいました。はい。
いや、たまたまわたしが行ったのが神戸の事務所で、そこだけ特別だったのかもしれないですけど。
でもって、KSCは9月以降は郵送開示のみになるそうなんで、臨時の事務所だったのかもしれないんですけど、とにかく。

えーとまず…なんていうか、古い事務所でした。
神戸の「旧居留地」と呼ばれる歴史地区(?)にあるビルでしたので、実際古いビルなんでしょう。ちょっと判りにくくて、迷いました。

HPには何階がKSCの事務所なのか書かれてなかったので、ビルに入れば案内板くらいあるだろうと思い、足を踏み入れました。
…が、案内板を見つける前に、入ってすぐのところにいた案内のおじさんに「はい、どちらにお越しですか」と声を掛けられました。

予期していた流れと違ったのでうろたえてしまい、「じょ…」と口にしたまま後が続かなかったのですが。(情報開示とでも言いたかったのであろう)
おじさんは心得たもので、その「じょ…」の一言だけで「ああ、信用情報ですね」と理解してくださり、そしてすぐ横の部屋に通してくださり、冷房をオンにして、「しばらくお待ちください」と去っていかれました。

そこは、狭い4畳半くらいのスペースの洋室で。
木の重々しい会議テーブルみたいなのが真ん中にどんってあって、その両側に別珍張りの一人掛けの椅子があり…
装飾品とかは特になく、ちょっと見方を変えれば「取調室」っぽい感じすらするような、そんな部屋で。
だけどなんていうか、古い博物館とか、有料公開されてるような古い歴史的建造物とか…そういう建物に入ったときの匂いがするんです。
懐かしいような、非日常なような…なんかすごい、不思議な感じでそのまま待ってました。

すると、書類を持ったスーツ姿の男性が登場します。
男性は向かいに座り、書類を差し出して、記入するように言われます。

CICやJICCでは仕切りのある記入テーブルで書いた書類なのに…なんとそれを、向かい合った状態で、男性に見守られながら記入します。焦ります。
実は待ってるだけで見てはいないのかな?って最初思ってたんですが、実家の郵便番号を覚えてなくて飛ばしたところ、すかさず一緒に持ってきていた郵便番号簿をめくって調べてくれましたので(笑)、やはり見守っていたのでしょう。

緊張で汗ばみながら記入し終わると、「手数料500円です。」と言われ…その場で直接お支払いしました。
じ、自販機で券買うんじゃないんだ!!!(ちょっと笑いそうになりました)

そのまま、しばし…5分か、もう少しか…
やがてまた同じ男性が、報告書の見方の説明書と、わたしの開示報告書とをそのまま持って、やってきました。

そして…その場で内容を指しながら、説明までしてくださいました。(ヒイイ)

説明書は1種類のみで、それが2枚に渡っていました。
取引情報は「1/1」となってます。
わたしの場合こちらに載っていたのは、銀行のカードローン分、1件のみでした。

CICでは金銭の流れの記載がなかったこのローン分ですが、KSCでは過去2年分毎月の、借入れ残債が掲載されてました。
金額の増減はありますが(ボーナス月は少ない)、借入れが無い月はなく…わたし的にはお恥ずかしい内容です。

でもその流れを指しながら、件の男性は「特に問題のない内容ですね」と説明してくださいました。
そ、そうなんでしょうか。

ローンの履歴の下には、

不渡情報 0/0
官報情報 0/0
本人申告情報 0/0
照会記録情報 0/0

とありました。

続いて「情報交流(CRIN)対象情報の参考開示について」と書かれたありましたが、こちらも、JICC、CICともに「交流対象情報なし」ということで、0/0となっていました。
そうか、ないんだ…と、ここはちょっとホッとしました。


あとでわかったことですが、ここに書かれていた毎月の借入れ履歴、どうやら毎月月末日時点での借入れ残高が表示されているようです。
だったら、情報の見た目を少しでもきれいに…って思うのなら、月末日だけは多めにこの口座にお金入れといて、月が替わってから別の口座(引落し口座など)に移すとかしたほうがいいかなあ、とか思いました。
姑息かしら。


ともあれ、最後のKSCの開示はなんだか、勝手が違って不思議な体験でございました。


情報開示そのものすら知らなかったわたしでしたが、こうして開示してみると、やってよかったなあと思います。
金融機関から自分の借金がどんな風に見えているのか、チェックされているのかとかも、おぼろげながら解りましたし(実際に金融機関の方がどんな風に情報を読み取っているのかはわかりませんが)、一日でも早く自分の情報をクリーンにしたい…という励みにもなりました。

これからきちんと返済をかさねて、そして定期的に開示していこうと思います。

はやく、クリーンな人間になりたいです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
スポンサーサイト


テーマ:借金返済日記 - ジャンル:ファイナンス

  1. 現状
  2. | trackback:0
  3. | comment:0



<<VISA(キャッシングリボ)繰上げ返済。 | top | VISAカード返済日。(ショピングリボ分完済)>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://puni42.blog81.fc2.com/tb.php/32-8b52b114
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。