独身アラフォー干物OL。借金323万円。

現実にきちんと向き合い、借金ゼロになるまでの日々を綴ります。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告




借金以前② (高校時代) :: 2011/06/18(Sat)
からつづきます)

最初のアルバイトの時給は、今も忘れません。420円でした。
当時の物価を考えても、驚きの少なさです(笑)。

通っていた県立高校はびっくりするほど校則が厳しくて、アルバイトなど勿論禁止でした。
見つかった友達は、1週間くらいの停学処分を食らっていました。
家庭の事情でアルバイトの必要がある場合は学校に申請をしないといけなかったのですが、両親はそれを拒否しました。…わたしと同じで、無駄にプライドが高かったのです。親が借金を背負っていることやその経緯を学校に申請することが、どうしても嫌だったようです。

なのでわたしは、学校に隠れてアルバイトをしていました。こそこそと。
駅のショッピングセンターの、進物用のお砂糖などを扱う店舗でした。
沢山お砂糖を包装したので、今でもラッピングは得意です(笑)。

アルバイトや家庭のことは、友達にも話しませんでした。
今もそうですが、その頃から既に、人を信用しないところがありました。特に「秘密を守る」っていう部分では…

時給420円、1日2時間、平日週に3日。日曜日は隔週でフル勤務。
そんな勤務で手にするお金はわずかでした。
月に1万5千円~1万8千円くらいだったでしょうか。

その中から、自分に必要な分だけ手元に残し、母に渡していました。
母がそのお金を、学費の引き落とし用口座に預けてくれていました。

手元に残すお金は大体、3千円くらいでした。
特にオシャレとかもしない地味な学生だったので、ちょっときつい時もあったけど、なんとかやっていけました。
学食で友達が200円のラーメンを食べる時も、100円の素うどんを食べてたわたしでした(笑)。それでお金を残して、レコードを買ったりしてました。当時吉川晃司が好きだったんです…。

高校の授業料は、修学旅行積み立てもあわせて月々12,800円でした。
シフトが少ないときは母に1万円しか渡せないときもありましたが、そうでないときは出来るだけ多めに渡すようにはしていました。

姉もアルバイトをして授業料を払ってましたが、姉は私立だったので、わたしの倍くらいの授業料でした。
なので、全てを払うことはできなかったようでした。

アルバイトもしていない友達が月々5千円のお小遣いを貰ってると聞くと、本当に羨ましかったものでした…。


2年生も後半になり、進学の問題がでてきました。

実は、子供の頃は漠然と「美大に行きたい」と考えていました。
でも、学費の高い美大は無理だし、美大に行ったら課題も多くてアルバイトは難しいだろうし…と、現実的にどう考えても無理だと思いました。

「手に職をつけたい」と考え、誰にも相談せずに、コンピュータ関係の専門学校への進学を決めました。
いくつかあったそっち系の学校の中で、もっとも授業料の少ないところを選びました。
月で割ると3~4万円だったのです。

専門学校への進学に向けて、3年生の夏ごろにアルバイト先を替えました。
お酒も扱う飲食店(居酒屋みたいな感じ)だったので母はちょっと嫌そうでしたが、もっと働かないと専門学校の学費が捻出できないので、そう選択しました。

学校にバレるといけないので、学校から離れた場所にある繁華街で働きました。
ちょっと特徴のある制服だったので、駅のトイレで私服に着替えてから出勤してました。

時給はちょっとだけあがって、530円になりました。
でも5時半から9時まで、週に6日働けて、給料は一気に増えました。
増えた給料は、専門学校の入学金になりました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ

スポンサーサイト


テーマ:借金返済日記 - ジャンル:ファイナンス

  1. 借金の歴史
  2. | trackback:0
  3. | comment:0



<<借金体質のはじまり(専門学校生時代) | top | 借金以前① (子供時代)>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://puni42.blog81.fc2.com/tb.php/19-c1985c4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。