独身アラフォー干物OL。借金323万円。

現実にきちんと向き合い、借金ゼロになるまでの日々を綴ります。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告




「年収証明書類お届けのお願い」 :: 2013/02/16(Sat)
カード会社より、「年収証明」を提出する旨の郵便が届きました。今日。

これ、もう何度目になるでしょう。
総量規制が始まった時からだから、4度目?とかかな?
最初は借入総額が規制である「年収の3分の1」を軽く超えていたため、ヤバイ!とひやひやしながら源泉徴収票のコピーを郵送したものでした。
幸い、限度額を減らされたり一括返済を求められたりすることもなく、今に至っておりますが。

でも残高が50万円台になった今でも、きっちり証明を求めてはくるのですよね。
きっちりした会社なんだなあ、という安心?もあると同時に、面倒ではあります。出さなくてもいい状態(全額返済して、解約)に、早くなりたいなあ。


逆に、総量規制開始当時に書類を送らず、そのままキャッシングができなくなった会社もあります。
セゾンカードが、そうです。

このブログをはじめて割とすぐくらいの時期にこちらのキャッシング分は全額一括返済をおこなって、今は借り入れはありません。解約はまだしていないのですが。(会費は無料なので、なんとなく。)

で、それ以降は年収証明を求められることもなく、今に至っていたわけですが…
それがどうしたことか先日、郵便とメールで、「キャッシングが可能になりました」という連絡がありました。限度額30万円だったかな。(以前もそうでした。)

おそらく、信用情報を確認して、残債が少なくなってることでヨシとしたのだと思うのですが。(銀行カードローンは規制対象外なので、今の対象額はVISAカードの分の56万円だと思われます。)
年収証明も出してないのに、いいのかな?
なんだかこっちが心配してしまいます。
まあ年利18%と高めだし、借りることはないんですけど。

やっぱし、解約してしまうことにしよう。せっかく「貸せます」と言ってくれた(笑)途端で、ちょっと申し訳ない気もするけれど。
あ、でもその前に一度使って、「A」の記録をきれいにしておかなくては…(※信用情報のエントリにいただいたコメント参照)

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ


スポンサーサイト

テーマ:借金返済日記 - ジャンル:ファイナンス

  1. 現状
  2. | trackback:1
  3. | comment:3



次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。