独身アラフォー干物OL。借金323万円。

現実にきちんと向き合い、借金ゼロになるまでの日々を綴ります。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告




信用情報の開示をしてきました。(CIC) :: 2011/07/10(Sun)
「信用情報開示」。

借金持ちの方々には馴染みがあるのかもしれないこのフレーズ…
長く借金と付き合ってきたにもかかわらず、それをわたしが知ったのは、恥ずかしながらつい先月のことでした。

いただくコメントにURLを貼っていただいてる場合はそちらを訪れるようにしているんですが、そうして訪れたブログさんの過去の記事の中に、「信用情報開示」の事が書かれており。
ん?それは何?とネットで調べてみて、そういう機関があることを知ったわけです。
(もし今現在ご存知なくてわたしみたいに「それは何?」と思われた方がいらっしゃったら、ネットには詳しいところがたくさんありますので調べてみてくださいね。)

それならば、自分の借金の状況が、今どういう風に登録されているのか、第三者からはどう見えるのか、みたいなことを、自分できちんと把握しておきたい。
既に覚えてない過去の記録なんかも確認できるかもしれない。

そんな風に考えて、開示することにしました。

株式会社シー・アイ・シー(CIC)
株式会社日本信用情報機構(JICC)
全国銀行個人信用情報センター(KSC)


それぞれ郵送による開示も可能でしたが、手数料が倍掛かることや「思い立ったらすぐ」な性格(←借金の大きな原因のひとつかと…)により、数日掛けて直接開示に行くことにしました。場所がバラバラですし、いずれの機関も平日の16時までですので。


行ったのは、CIC→JICC→KSC、の順です。

わたしの借り入れ状況では…結論としては、行った順に情報量が多かったです。
KSCは情報の質がちょっと異なりますが、JICCは別に行かなくてもよかったかな?という感じでした。
でもこれは借入先、借入状況にもよると思いますので、まあ、最初くらいは確認のために全部見ておいてよかったのかなと思います。


まず、CIC。
わたしは大阪の事務所に行きましたが、駅から地下通路を通って行けば案内もあって、ラクにたどり着けました。

綺麗なビルの綺麗なフロアでした。
入り口に警備員さんがひとり、カウンターの中に係の方が2人、いらっしゃいました。
長いカウンターの後ろは一面が壁で、その壁に書類の受け渡しが出来る四角い穴が開いていました。

まず申請用紙を貰い、記入して券売機で手数料500円分の券を購入し、書類を渡して番号札を受け取り、番号を呼ばれるのを待つ、という感じでした。

平日にも関わらず、待ってる人や内容を確認している人が5、6人いらっしゃいました。
わたしがいた15分足らずのあいだにも、次々来られてました。カップルで来てる人たちもいたり。
もっとも、みんながみんな借金持ちなわけじゃなく、住宅ローン申し込みのための確認とか、そんなのもあるんでしょうけども。

渡された書類は、全部で9枚、ありました。

まず見出し。
クレジット情報が全部で6件。
申込情報。
利用記録。


クレジット情報1件目は、VISAカードの分です。

契約年月日は平成14年3月16日となっていました。
あら?そんなもんだったかな?確か20代の時に作ったカードだったはず…これはちょっと謎です。

支払い状況は23年4月30日現在のもの。

[残債額]1,987千円  [内C残債額]1,053千円

いや、わかってましたけど…
重いですね。これしかも、公開されてる情報なんですよね。

ですが、入金状況の欄には綺麗に$が並んでました。(返済できてない月にはAやらPやらが付きます)
自転車操業ながらも、返済だけは滞らずにやってたんだなあ…。ホッとしました。
このカードとはキャッシング分の返済までまだ長く付き合うことになりますが、今後も$が続くように堅実に返していこうと思います。


問題は、クレジット情報2件目のセゾンカード。
これは今月、完済したカードです。

契約年月日は平成14年3月27日。VISAと数日しか変わりません。
でもまあ、時期的にはそんなもんかなあという感じです。

支払い状況は23年5月14日現在のものでした。

[残債額]200千円  [内C残債額]200千円

問題はここからです。
入金状況の欄。

012345678901234567890123
$$$$$$$$$$$$$$A-$-$--$-

え…Aがひとつあります…!!!

説明書には、

$:当月の請求額どおり(それ以上)入金された
A:お客様の事情で約定日に入金がなかった(未入金)
-:当月、請求もなく入金もなかった

とあります。
でも、Aになるような未入金は、わたしの記憶の中には無かったはず…
そもそもそんなことがあったら電話とか掛かってきますよね??

遡ってみると、Aのついている月は22年3月にあたるようです。
で、とりあえずこの月の引き落とし口座を確認してみようと思ったんですが…通帳の記帳はしてなくて、ネットではその翌月、22年4月以降からの分しか見れなくて…結局現状では、このAが何によって付いたものかが判らないままとなっています。なんか、気持ち悪いなあ…。

確認して電話したら訂正していただくことは可能らしいんですが、間違ってる確証も今のところ無く…
とりあえず、あと数ヶ月後、Aが押し出されるのを待ったほうがいいかなあ、と思っています。

そう、このカード、完済したので解約するかどうしようか、迷っていたカードなんです。
でも今解約したら、この謎の「A」が残ったまま、5年もこの状態で情報が残ってしまいます。

信用情報開示について知らなければ、無知なまま解約してAを残してしまうとこでした。
それを思うと、わたしに信用情報開示について知るキッカケを与えてくださった、コメント主のRollingPoohさんには本当に感謝であります。
知らないってこわいことです。


3件目は、楽天カード。
こちらは楽天でのネットショッピングに使ってます。ポイントが溜まりやすいので。

契約年月日は平成21年10月15日。まあ、そんなもんか。

支払い状況は23年6月11日現在のものでした。

[残債額]79千円  [内C残債額]0千円

これ、例の「ショッピング枠現金化」の時のやつです。
既に先月返済してますが、早く消えてほしい…。

そういえばこの事務所、「ショッピング枠現金化は犯罪です」っていうポスターが2枚も貼られていました。
犯罪…。その言葉が重くて、なんだかいたたまれない気持ちでいっぱいになりました。

入金状況は、$と-が並んでるだけでした。
とりあえず、よかったです。


そして、4件目が謎の情報です。
契約した覚えの無い、「セディナ」という会社のものです。

このセディナ、帰宅して調べたところ、昔は「セントラルファイナンス」という名前だったとか。
その名前には、うっすら覚えがあります。何か分割購入をしたのかしら。

契約年月日は平成9年3月3日。これは一人暮らしを始めてから半年後くらいの日付で、何か買ったとしても不思議はないのですが…覚えがありません。
限度額は400千円となっていますが、そもそもそんなカードは持っていません。
残債も、もちろん0千円です。
入金状況には-が並んでいます。
終了状況は空欄になってます。

わたしが順番を待ってるあいだにほかのお客さんが事務所の方にちょうど「終了状況」について確認をしてらっしゃいまして…その話によると、未使用だろうとカードが無かろうと、利用者側からカード会社に連絡して解約依頼をしないことには、終了状況に「完了」は入らないんだそうです。
で、さらに、「完了」がになってから5年間は、このカード状況は消えないらしい…。

どう見ても信販系っぽいこの「セディナ」情報、とっとと消したいんですが…
そもそも何のカードかとかもさっぱり判らない現状で、解約の依頼とかってできるのでしょうか。困ったなー。

これは最もわけのわからない情報でした。


5件目は、カードローンの分です。
給与振込みなどと一緒くたになった、マイナス利用が100万円まで可能なカードです。

契約年月日は平成2年6月22日。
入社した年です。

支払い状況は22年12月30日現在ということでしたが、金額とかは全く書かれていませんでした。


最後の6件目は、既に解約しているJRのEXPRESSカードの分。
これも職場で入って、新幹線のチケットを買うのに利用してました。
無料のカードだったんですが、去年だったかに有料になったため解約しています。(会社が)
そのため終了状況は「完了」になっています。

クレジット情報は、以上です。

以前ちょっと書いたんですが、年に一度年会費らしいものが引き落とされている「ライフカード」があるはずなんですが…会費も払ってない謎の「セディナ」情報があるわりには、会費を払っているらしい「ライフカード」の情報はなかったんですよね。
なんか…把握してないわたしが悪いんですが、なんというか、スッキリしない感じでした。


申込情報は、「登録されていませんでした」ってことでほぼ白紙でした。
安易にカード申し込みとかしたら、情報が6ヶ月残ってしまうようです。
まあ今のところカードは減らすことはあっても増やすことはないと思いますが(そうありたい)、でも買い物とか行って勧められることはよくありますもんね。
うう、気をつけよう。


最後の利用記録。
実はわたし、これが一番怖いと思いました。

これは、クレジット会社がわたしの情報にアクセスをした記録です。
クレジット会社がわたしの借金状況、返済状況を見張ってる…っていう記録なわけです。半年分しかありませんが。

セゾンからのアクセスはありませんでした。
楽天からは、現金化で利用した5月だけアクセスがありました。

が、VISAカードは3月、4月、そして6月にもアクセスが。
み、見張られてますわたし…!

たぶん、返しては借り、ってしたり、ショッピング分も「あとからリボ」にしたりしているので…その都度確認されているんでしょうね。

これ、思ったんですけど…
複数のカード使って自転車操業なんてしてたら、もう丸判りだったりしますよね…。

こわい。こわいなあ。
まがりなりにもちゃんと「$」の羅列になってるカードでも、こんなにチェックされるんですね。
わたしきっと、信用ないなあ…。


CICの開示については、以上です。
長くなったので、残り2件は分けることにします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ


スポンサーサイト

テーマ:借金返済日記 - ジャンル:ファイナンス

  1. 現状
  2. | trackback:0
  3. | comment:1



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。