独身アラフォー干物OL。借金323万円。

現実にきちんと向き合い、借金ゼロになるまでの日々を綴ります。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告




あなたの家賃は適正ですか? :: 2013/10/27(Sun)
引っ越しに伴うお話から派生する、家賃のお話です。


借金を作る人っておそらく、「お金にだらしない」「お金に無頓着」な人が多いのかな、と思います。
わたしの場合は、そうです。

お金もってる時はぱーっと使っちゃったりするし(高いものじゃなく、たとえば100均のお店でいっぱい買い物するとか)。
ごはん食べに行っても、後輩とだと奢っちゃったり、割り勘にしても端数は「いいよいいよ」って多めに出しちゃったり。
返済を意識するようになってからは流石に抑えてはいますが、いまでもたまにやっちゃいます。

そんななので、「支出」についても本当に無頓着で。
返済を意識して、このブログを書くようになって、ようやくインターネットや携帯電話、それに生命保険なんかについて、内容や金額を見直すようになってきました。

そうしていく中でも、全く意識から漏れてたものがありました。
そう、家賃です。

「家賃を滞納して追い出される」なんて話はよく聞きはしますが、わたしはこれまで、カードの返済は滞ったとしても、家賃だけは!遅れずにきっちり、払いつづけていました。
仕事と住むところだけは絶対に無くせない!と、それだけは強く強く思い続けているので。

面倒くさがりでもあるので、「もっと家賃の安いところに転居」みたいなことも考えませんでした。
今回は別に思うところがあって引っ越したのですが、それも家賃云々、っていう理由ではありませんでした。


さて、本題です。
自分の住んでいる家の適正な家賃って、ご存知ですか?

あ、この話、転居して数年しか経過してないとか、賃貸じゃなく持家だとか、そういった方には当てはまらないお話です…。(いまさら)
賃貸で結構長く住み続けてる方、限定のお話です。

わたしは今回の転居で部屋探しをする際、まずはインターネットを利用しました。今は大抵、そうなんでしょうね。
ネットで「これいいんじゃないか」って物件を探し、何軒かメールで問い合わせをし、そのうえで不動産屋さんに伺って、部屋を決めました。

で、その最初の段階…インターネットでの検索をしていく中、偶然、その当時自分が住んでいた建物の情報に辿りついたんです。
その募集要項の家賃見て、びっくりしました。

なんと、
なんとですよ。

当時払ってた家賃より、1万7千円も安くなっていたんです。

1万7千円。
1万7千円。
もっぺん言うけど1万7千円。

年間にすれば、20万4千円。


本当にショックでした。
その建物では、わたしが一番の古株でした。なんせ17年近く住んでたので。
その期間、家賃は増えることも減ることもなく、ずーっと変更ないまま、毎月同じ金額を払い続けていました。

家賃の下落がいつから始まっていたのかは、わかりません。
でも急に、一気に、ここまで変動するとは思えないので…おそらく何年も前から、徐々に、下がりつづけていたのでしょう。
そしてもともとの住人の私はなんにも知らないまま、隣近所の方々よりも多い家賃を払い続けてきたのです。

結構、ぞっとしましたよ。

もちろん貸主側には、借主に「まわりの部屋の家賃が下がっている」なんて事は伝える義務はないのです。
逆に物価が上がったりして家賃をあげて募集をかけた際に、もともと住んでる人にまで「家賃あがりますからね」とか言われたら困りますよね。それと同じことです。

だから、誰を責めることもできないのです。
責めるとしたら、疑いも調べもせずにここまで来てしまった、自分です。

でも、手はあります。
わたしの場合は転居が前提だったのでしませんでしたが…今からでも、「家賃を下げてもらえませんか」って、交渉すればいいのです。

もちろん、抵抗はされるでしょう。
1万7千円が一気に下がることも、まずないでしょう。
でも「次の更新時に」とかいう感じか、もしくは段階的にになるか、そこはオーナーの意向次第になるとは思いますが…少なくとも「全く下がらない」っていうことはない、はずです。(そこらへん、ちょっとネットで調べてみました。)

交渉の際、「下がらないなら出ていきます」的なことは、あんまり言わないほうがいいみたいです。向こうが強気な場合もあるんで。
でも大抵のオーナーさんは家賃に差が生じていることを内心では心苦しく思っている場合が多いので、いくらかの減額には応じてくれることが多いようです。


これ読んで、「もしや自分も…!!」って思われた方、いませんか?
もし今の部屋に長く住んでる方がいらっしゃったら、是非いますぐ、お住まいの建物の名前などで検索してみてください。
結果によってはもしかすると、完済への近道になるかもしれないです。


もうひとつついでに書きますと、もし減額に応じてもらえなかった場合は、いっそ転居してしまう、って手もあります。
家賃相場は、確実に下がってます。
今の部屋と同じ条件、もしかしたらもっといい条件の部屋が、今よりも安い値段で借りられる、なんて場合が多いです。
もちろん引っ越しすればそれに伴う出費は掛かりますが、長い目でみれば、家賃の差額でおつりが出るかもしれません。
一度検討してみるのも、いいかもしれないです。


ちなみにわたしの場合、新居と旧居の家賃が同じなので(前よりも条件のいい部屋なのです)、完済への近道にはなっておりません…。
(ちょっと残念なオチですみません。)

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ


スポンサーサイト

テーマ:借金返済日記 - ジャンル:ファイナンス

  1. 支出の見直し
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




無理は続かない。 :: 2012/08/04(Sat)
いつも、そうでした。


「頑張って、借金を返済する!」って決意する。

節約しなきゃ。
家計簿つけなきゃ。
お弁当作らなきゃ。
エアコン控えなきゃ。
オークションで不要なものをお金に換えなくちゃ。

でもって、

「借金をなくすには、まず自分を変えなきゃ」って考える。

ダイエットしなきゃ。
部屋を片付けなきゃ。


それで、なにもかもいっぺんに頑張ろうとしてしまう。

だけど当然、そんな無理は続かない。
もともと「できない」奴が、そんなに急に「できる」奴になれるわけがない。


なにか一つが続けられなくなると、「ああもう、やっぱりわたしには無理だ」って思う。
なし崩しになって、投げ出してしまう。

そして結局、全部が中途半端に終わってしまう。
借金も体重も片付きかけた部屋も、すべてリバウンドしてしまう。



無理が続く人もいるのでしょうが、わたしの場合は続かない。それはもう、子供の頃から。
なのにいまだに学習できずに、失敗してから「ああ、そうだった」って思い出す。

なんで、学習しないのかなあ。
なんどもなんども、自分にガッカリしてきたというのに。



だからとりあえず、「無理はしない」ことにしました。
借金を一日も早く無くしたい、それは本当だけど、…でも、「頑張りすぎない」ことにしました。

いまだに170万円を超える借金を背負った状態で何を悠長な、って思われるかもしれない。
でも、めちゃくちゃ頑張っても結局リバウンドして「より酷い」状態になってしまうんなら、ゆっくりゆっくり進めていったほうがいい。

多分、わたしの場合は。


見させていただいてる借金ブログさんの中には、とてもストイックに頑張ってらっしゃる方もたくさんいらっしゃいます。
すごいなあ、えらいなあ、頑張ってほしいなあ…って、いつも尊敬します。

そして自分もこうでなければ…って思います。

だけど、人はそれぞれ。
甘いようですが、人にはできること、できないことが多分、あります。


わたしは、自分に合ったペースで…
頑張りすぎないで、ちょっとづつ、亀の歩みで、頑張っていこうと思います。

それが多分、わたしには一番の近道だという気がします。



ここに来てくださる方にはこの先、「ぬるい奴だな」って感じさせてしまうと思います。

でも、「できないわたし」なりの頑張りだと思って、生暖かく見守っていただければ幸いです。



とりあえず、部屋のゴミをまとめよう…。

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ


テーマ:借金返済日記 - ジャンル:ファイナンス

  1. 生活改善
  2. | trackback:0
  3. | comment:8




無料のマネーセミナー。 :: 2011/11/04(Fri)
「マネーセミナー」。
現役の借金持ち(わたしの事です)には、かなり無縁な感じのする響きです。

が、そんな無縁そうな「マネーセミナー」というものに、実は数ヶ月前、こっそり参加してきました。

当時その事をここに書かなかったのは、「借金持ちがマネーセミナーとか、なに考えとんねん」って怒られそうな(誰に…)気がしていたからです。
いや実際今も怒られるかもしれないんですけど…
でも、自分の体験、感想、その他もろもろ、という形で、ここに残しておこうと思います。


そもそも何でそんな、「お金の勉強をしようとしている人たちの集まり」に、借金もちのわたしが参加することになったかって話ですが…

以前「年収200万円からの貯金生活宣言」という本を読んだ、という話をこちらで書かせていただきましたが、そこで「節約以前にまず、固定費を見直さなければならない」ということを強く思ったのです。

「固定費」。

生命保険。
携帯電話。
プロバイダ。
視聴料。
諸々。

わたし「お金に関する知識」が、圧倒的に少ないんです。
お金のこととか、考えるのも勉強するのも、本当に面倒です。
借金がこんなに増えてしまったのも、利息について無知だったのも、そのせいだと思います。
借金を抱えていらっしゃる方の中には、そういう方は多いのではないでしょうか。

生命保険に関しても、そうでした。
資料を見てもなんだかややこしくてわかりにくいので、職場に出入りしていたセールスレディの方に勧められた保険にそのまま入ったのでした。

前述の本を読んだことでその生命保険が随分無駄なものであることにようやく気づき、見直しを考えて、保険にちょっと詳しい同僚に相談をしたりしていた、その頃…とあるフリーペーパーに載っていた「無料マネーセミナー」の広告を見掛けたのです。
貯金・保険・投資・年金などについて、お金の基礎的なことが学べる…という広告に、心が動きました。
「お金の勉強は面倒だけど、プロから話が聞けるなら少しは勉強になるかも。」
その場での商品の勧誘なども一切行わない、とも書いてありましたので少し安心し(勧誘されると弱いのです。見栄っ張りだから)。
それで、保険を相談していた同僚に「あたし一度こういうので勉強するべきかもしれん。」と言ってみたところ、同僚も「わたしも行きたい」ということになり、一緒に参加したのでした。

あ、ちなみにこの同僚も、もちろんわたしの借金のことは知りません。


そうして参加したマネーセミナーは、ぎっしり満席でした。
女性向けのセミナーだったので参加者は女性のみでしたが、年齢層も様々でした。そしてみんな、すごく真剣。
いかに多くのひとがお金のことを不安に感じたり勉強したがったりしているか、っていうのがあらわれているように思いました。

話は主に、今の時代の現状、お金の増やし方(投資信託の勧めや注意点)、万一に備えた保険の話、などでした。
2時間程のセミナーでは本当に基本的な事しか聞けません。
それでも、めちゃくちゃ無知だった自分が「普通の無知」くらいにはなれたんじゃないだろうか…と思える内容でした。

「普通の無知」レベルのわたしがそのセミナーで学んだ事をここで書いても間違った事を伝えたりしそうなので控えますが…
でも伺ったお話の中で、もの凄くインパクトの強かった言葉がありました。

今アラフォーのわたしが、これから(というか、借金を返してから)お金を蓄え、増やしていくとします。
普通の企業の会社員なので、その資産のピークは60歳、定年時ということになります。
あとは、年金はいつからどのくらいいただけるか今の日本ではもはやよくわからなくなってますが、その年金と、それからそこまでに蓄えたお金の切り崩しとで、まかなっていくことになります。(もっとも、わたしの事だから細々とパートとかで働き続けることになりそうな気がしますが。)
そうして蓄えを切り崩し、それがゼロになったときに、自分の寿命が来るのであればかまいません。
が、

「一番怖いのはそのタイミングで死ぬことではなく、まだ生きてピンピンしている事です。」

とのことでした。

会場では笑いもおきましたが、いや実際、笑えないお話です。
お金はないのに、体は元気。
生きていく術がありません。
ましてわたしは、この先も結婚するつもりも、誰かに頼って生きるつもりもないのです。

だからこそ、老後の資金を備えておくことが必要、ということなのでした。

うちはたぶん、そこそこ長生きの家系だと思います。
祖父も祖母も、90前後まで生きていました。

そう考えると、「お金貯めなあかんがなー!借金抱えてる場合とちゃうがなー!!!」って、もの凄く焦ってしまいました。
周囲の受講者さん達が「早速、運用を学ばないと!」みたいにギラギラとしている(ように見える)さまを見ていて、借金は自業自得なのですが、まだそのスタート地点にすら立てない自分がなんだかとても恥ずかしく感じました。


それでも、その「焦り」を感じることができたのは、わたしにとっては進歩でした。
借金している場合ではない。
一日も早く完済して、お金を「貯める」「増やす」生活を始めなければ。
そう考えるようになりました。

「完済すること」をゴールのように思っていましたが、それはあくまでも「スタート」なのだと考えるようになりました。

それは無知なわたしの、大きな心の進歩だったと思います。


借金を抱えていらっしゃる方の多くは、わたしがそうだったように、「自分にはマネーセミナーは関係ない話」と位置づけていると思います。
でも、意外とそうではないかもしれません。
「自分のお尻を叩く」という意味で参加されるのも、いいんじゃないかなと思います。
もちろん、借金抱えた身で投資信託とか始めたらだめですけど!!(向こうも借金もちには勧めてきませんけど)

とりあえず、「借金抱えてる場合じゃない」って気づくのはいい事だ、と思います。
いや、気づいてなかったのはわたしだけかもしれませんけど。
みんなとっくに気づいてるのかも知れませんけど。

たとえば過払い請求とか債務整理とか、わたしはどうしても職場にバレたくないのでしませんけど、可能であるなら、借金を少しでも減らすことができるなら、一刻も早くされたほうがいいんだろうなあと思います。


わたしも早く、「スタート地点」に立ちたいです。


ちなみに一番知りたかった「生命保険」のことですが。

わたしが参加したセミナーのスクールでは、セミナー参加者はその後無料で個別にコンサルティングを受けられるようになっていて、そのコンサルティングで提案された商品を契約した場合は、その後は会員として年に数回、有料セミナー(参加は自由)に参加してアフターフォローを受けられる、という仕組みになっていました。
もちろん商品の契約は自由で、断ってもかまわないとのことです。

わたしは自分では勉強できそうにないので、その後個別のコンサルティングを受け、そこで納得のできる保険を紹介していただき、無事に見直すことができました。
ちなみに、これまで勧められるままに入っていた大手保険会社の生命保険については、ボロカスに言われました(笑)。
その理由はここでは申しませんが、わたしのように勧められるままに国内大手の生命保険に入られてる方は、今一度見直されてみたほうがよろしいかと思います…。いやほんと。



マネーセミナー、ネットで検索すればいろいろ出てきますので、機会がありましたら受けてみられるのもよいかと思いますよ。


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ


テーマ:借金返済日記 - ジャンル:ファイナンス

  1. 支出の見直し
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




オークションのその後。 :: 2011/10/12(Wed)
さて、地味に出品参加しておりました、オークション。
この3連休はいろいろ別のことをしてたので(IKEAにも行ったし)出品はできませんでしたが、先日出品した3点のうち2点は無事に落札されました。

10年くらいお荷物だった荷物(そのまんま…)が望まれて旅立って、しかもお金までいただけて。
オークション、素晴らしいシステムだ。面倒だけど。

結構場所を取る箱で、ずっとクローゼットにも入れられず(空きスペースがなくて)部屋に出しっぱなしにしてたようなものだったので、無くなってすごくスッキリいたしました。どうしてもっと早く出品しなかったのだろう。…って、面倒だったからですね…。

いちばん売れるだろうと思ってた1点がなぜか売れ残ってしまってますが、なんというか、需要と供給は意外と噛み合わないものなんですねえ…。売れないと思ってた2点のほうが売れましたからね。まあ、そう思って値段を下げてたからっていうのも売れた理由なのでしょうか。
もう一点も、欲張らずに値段下げるべきなんだろうなあ…。


そんな中、2週間くらい(もっと?)前にAmazonのほうに出品(でいいのかしら)していたものがいくつかあったんですが、そのひとつに買い手が付いてました。わーい。こちらはいくつか出したものの全く売れそうな気配がなかったので、なかば諦めかけておりました。嬉しいです。

やはり、結果(利益)を得たいと思うならば、面倒でもちゃんと地道に出品とかを続けていかなくてはなりませんね。うんうん。頑張ろう。


ところで今回、久し振りにオークションに出品して感じたことなんですが…
なんていうか、「基本的な挨拶」が出来ない人が増えてるのかしら?っていう印象が、ありました。

落札していただけて、取引の連絡が始まって…
言葉使いは丁寧だったりするんですよ。
でも、当然あるべき最初の、名前を名乗るとか、「はじめまして」とか、「よろしくお願いします」とか…そういうのが無くて。もう、必要最低限事項のみ!という感じで。
「事務的」と言ってしまうと「事務的」に失礼になるんでは…と思うほどの超事務的な文章で、「できれば気持ちよくやり取りしたい」派のわたしは今回、随分戸惑ってしまいました。
うーん、これが普通なのかしら。
それとも、たまたま?

取引自体は一応スムーズに運んだんですが、なんだか後味の悪い感じが残っていたりします。
これは、わたしが慣れていくしかないんですかね…。

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ


テーマ:借金返済日記 - ジャンル:ファイナンス

  1. 生活改善
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




久しぶりにブックオフ。 :: 2011/10/06(Thu)
数年前に、読まない本をまとめてダンボール2箱くらい引き取っていただいたことのあるブックオフ。
その時はネットで申し込んで取りに来ていただく方式(?)でしたが、先日本棚を整理していて「これはもう読まないだろう」と判断した本を、今日は直接持ち込ませていただきました。

コミックス14冊、文庫本4冊で、760円になりました。

わあ、もっと安いのかと思ってました。
なので、ちょっと嬉しいです。

このお金は財布に入れずに別管理にして、貯まったら繰り上げ返済に用立てるとか、そういう目標をもって残しておこうと思います。

もっとちゃんと厳しい気持ちで(?)本棚に向き合えば、もっと出せるんだろうなあ、とは思います。
ですがわたし、本は大好きで、同じ本でも何度でも読み返せるし、何度でも楽しめる、という、ある意味安上がりだけど結局「捨て時がわからない」性分…。
一度読んで「これは違うな」って思った本ならばあまり抵抗なく処分できるんですが、…うーん、ムズカシイ。
小学生の頃に親に買ってもらった児童文学的な本とかも、まだあったりするんですよね。(しかも読み返します…)

でも760円に味をしめて(?)、もうちょっと頑張ってみようかな。


オークションはその後、残る2点には入札がないままです。がーん。
一番売れないと思ってた1点には入札数が2になってちょっとだけ金額があがっていて、そこはありがたいんですが…うーん、まだ金額で欲張りすぎなのかしら。それとも需要がないのかしら。
とりあえず、願いつつ状況を見守ります。


通院が続いているので出費が多いです。
昨日は急に血液検査もすることになったので、いつもよりも2千円も多く掛かってしまいました。
自己負担1割だった時代(遠い昔)が懐かしいなあ…。

とりあえず真面目に通わないと治らないようなんで、切り詰めるとこもあんまりないんですが、どこか切り詰めつつ地道に頑張ります。
あ、切り詰めてるといえば、「炎症を起こしやすくなるのでアルコールを控えるように」とリハビリの先生から言われましたので、毎日飲んでたビール…じゃない、「第三のビール」的なものを、土日だけ飲んでいいことにして平日は我慢しています。それがちょっとだけ、切り詰めかな?

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ


テーマ:借金返済日記 - ジャンル:ファイナンス

  1. 生活改善
  2. | trackback:0
  3. | comment:0



次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。